診療看護師紹介

 みなさま、こんにちは。診療看護師の池内寛記です。

 

 私は大学院の2年間で医学を中心に学んだ後、2016年に日本NP教育大学院協議会が認定する診療看護師資格試験に合格し、従事しています。

 

 診療看護師は高度かつ専門的な知識及び技能が必要とされる特定された医行為を医師の包括的指示のもとで医師の判断を待たずに、手順書により、一定の診療の補助として行うことのできる看護師です。

 

 今では日本NP教育大学院協議会で推奨される、資格取得後2年間の臨床研修も終え、院内では横断的に動いています。胃ろうのボタン交換や動脈からの採血、腕からの静脈カテーテル挿入などを行う傍ら、病棟患者さまを医学と看護の両方の観点から捉えて様々な看護問題の解決に向けて実践しています。必要時には医師と看護師の中間的な役割を担う診療看護師の立場を活用して医師、多職種と連携を取り合いながら患者さまが一日でも早く回復できるよう支援させていただいています。さらに救急センターでは医師の監督下で患者さまに問診をさせていただくことをはじめ、身体診察、必要な検査の代行入力などの初期診療に携わり、救急センター担当医の業務負担軽減も図っています。

 

また救急看護に関しては認定看護師でもあるため、外来スタッフと協働し、苦痛を持って来院される患者さまに対して、質の高い看護が提供できるように日々、研鑚するとともに、より一層患者さまが安心して受診していただけるような体制づくりにも引き続き力を入れていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

診療看護師 池内寛記