診療看護師紹介

私は、2012年に救急看護認定看護師取得後、更なるスキルアップを目指して、東京に位置する大学院に進学しました。大学院の2年間では医学教育を中心に学習した後、日本NP教育大学院協議会が認定する診療看護師資格試験に合格し、済生会江津総合院に就職しました。

 

 診療看護師は医師の包括的指示の下、一定の範囲の診療行為も提供することのできる、診療と看護の能力を併せ持つ看護師です。具体的には胃ろうのボタン交換や動脈からの採血、心臓カテーテル検査の介助などを医師の指示の下に行っています。今後、救急センターでは患者様に問診をさせていただくことを始め、身体診察、必要な検査の選択などを行って、救急センター担当医の診療につなげる初期診療に携わって行きたいと考えています。

 

 救急看護に関しては認定看護師でもあるため、外来スタッフと協働し、苦痛を持って来院される患者様に対し、タイムリーな対応や思いやりを持った質の高い看護が提供できるように日々、研鑚しています。また、急な対応を迫られた場合でも適切な処置ができるように救命処置などの研修も行っており、患者様が安心して受診していただけるような体制づくりにも力を入れています。

 

 救急看護認定看護師としては5年目を迎えましたが、診療看護師としては、臨床研修中です。それぞれの役割を考えながら、医師や他職種と連携を取り合い、患者様が一日でも早く回復できるよう支援させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

診療看護師 池内 寛記