委員会活動

認定委員会

 現在「緩和ケア」「感染管理」「皮膚・排泄ケア」「慢性心不全看護」「救急看護」

「認知症看護」6分野の認定看護師が誕生し活躍しています。今後はさらに増えていく予定です。

 

【目的】

 1.活動指針に基づき認定看護師としての質の高い看護を提供する。

 2.認定看護師同士の情報交換を行いながら、活動しやすい職場づくりを考える。

 

【目標】

 1.地域住民が安心して生活できるようにコーディネートする。

 2.地域への認定看護師アピールを継続する。

 3.自己研鑽をする。

 

【委員会開催】

 毎月第2水曜日 1145分~1330

 

 活動内容、成果や課題について話し合いをしています。

 

看護部長 西藤 美恵

当院の認定看護師紹介

 ◎緩和ケア認定看護師

津枝 忍 看護師
津枝 忍 看護師

 緩和ケアという言葉をご存じですか。緩和ケアと聞くと、マイナスイメージを抱く方もいらっしゃると思います。緩和ケアとは「生命を脅かす疾患に直面した患者さまやそのご家族さまが、つらくならないように、病気を診断された時から治療と並行して行われるケア」です。決して治療の見込みがなくなった方のみを対象とするものではありません

  緩和ケア認定看護師は、患者さまやそのご家族さまが苦痛なく安心して療養生活が送れるように、専門的知識や技術をもって一緒に考えながらサポートさせていただきます。活動としては、実際にベッドサイドで患者さまやご家族さまに寄り添いながら看護を提供しています。また緩和ケア委員会のメンバーと共に、緩和ケアへの周知や提供するケアの向上にむけて、スタッフの研修企画・運営やコンサルテーション(相談)を行っています。より地域に寄り添った看護を提供できることを目標に日々活動しています。

  心配なことや疑問に思ったことなどは、ぜひお気軽にご相談ください。緩和ケアは身体の苦痛だけではなく、精神的・社会的・自己の存在・生き方への問いなどから生じる苦痛を和らげ、日常生活を少しでもその人らしく過ごせるように支えていくものです。その時その一瞬がその人らしく生活できるよう、患者さまやそのご家族さまと一緒に考えながら、よりよい看護が提供できることを大切に考えています。

 ◎感染管理認定看護師

恒松 愛 看護師
恒松 愛 看護師

 感染管理認定看護師の使命は患者さんだけではなく、家族や職員をはじめ「院内に出入りするすべての人を感染から守る」ことです。また、様々な職種とかかわりすべての職員が感染対策を実施できるよう7つの項目について計画を立案し、活動しています。 

【1.感染管理システム】
組織全体で感染対策を行うためのシステム作りや、感染症発生時の連絡・感染拡大防止のための体制整備など。
【2.医療関連感染サーベイランス】
医療関連感染の発生状況の把握と問題の明確化、感染率低下のための対策を講じる。
【3.感染管理指導】
職員や患者・家族、地域住民などに向け、感染防止に関する指導・教育を行う。
【4.感染防止技術】
手洗いや防護具の着用など、感染対策に必要な技術の向上及び必要な物品等の整備、マニュアルや手順書の作成。
【5.職業感染管理】
職員を感染症や消毒薬の副作用などから守るための対策。
【6.感染管理相談】
感染対策や感染症にかかった場合の相談。
【7.洗浄・消毒・滅菌・ファシリティマネジメント】
器具の洗浄・消毒・滅菌に関することや、リネン、空調、水質管理、給食、環境に関する対策。

 医療関連感染や職業感染を少しでも減らし、安心・安全で信頼される医療を提供するとともに、働きやすい職場づくりのために、感染対策の視点で活動していきたいと思います。

 ◎皮膚・排泄ケア認定看護師

山島 梨律子 看護師
山島 梨律子 看護師

 皮膚・排泄ケア認定看護師とはWound(創傷)・Ostomy(ストーマ)・Continence(失禁)の3分野において専門的な教育を受けた看護師の事です。
3分野の頭文字をとって、よくWOC(ウォック)ナースとも呼ばれることがあります。

【創傷ケア】
皮膚の損傷を生じないための予防的スキンケアを基盤とした看護を行い、発生してしまった床ずれや術後の離開創や下腿潰瘍などの治療的スキンケアを行います。
【ストーマケア】
ストーマを増設される患者様が快適な日常生活を送れるように術前には患者様に合わせたストーマの位置決めを主治医と共に行い、術後はストーマ装具の選択・セルフケアの指導・精神的サポートを病棟看護師と共に行います。
退院後管理困難で困っている事や日常生活で相談したい事があれば相談に応じています。
【失禁ケア】
失禁による皮膚トラブルに対してスキンケアや予防対策を行います。

  現在各病棟でストーマケアやスキントラブルなどの相談を頂き、認定看護師として得た知識・技術を発揮する機会が増えてきました。
  スキンケアや排泄ケアは日常的に行われるものであり、欠くことのできない看護の基本的な部分と考えます。お気軽にご相談ください。

 ◎慢性心不全看護認定看護師

本藤 由香理 看護師
本藤 由香理 看護師

 慢性心不全看護認定看護師は、2012年に誕生した分野です。心不全はあらゆる心疾患の終末像といわれ、急性増悪と寛解を繰り返しながら悪化していく特徴があります。その為、急性期から安定期、終末期まで全病期の慢性心不全患者さんを対象としています。
心不全患者さんは、近年の医療技術の進歩や疾病構造の変化、高齢者の増加により、今後さらに増加することが予測されます。この島根県江津市でも高齢化が益々進み、心疾患をもちながら生活する方は増加の一途を辿ると予測されます。高齢心不全患者さんや入退院を繰り返す高齢患者さんも多くなり、病院から在宅まで長期の療養支援が大切になってきます。
  このような状況から、慢性心不全患者さんの急性増悪を繰り返す病態的特徴を踏まえ、増悪因子を的確に評価し、患者さんが抱える多様で複雑な問題を総合的にアセスメントを行うことが必要となります、そして急性期からセルフモニタリング教育や、対象特性と心不全の病態に応じた生活調整を行い退院後の生活調整支援へ継続的に関わり、身体機能の回復の促進、心不全増悪の回避・予防を行いたいと思います。
  また、慢性心不全患者さんが病気とうまく付き合い生活調整を行いながら、その人らしく生活の営みができるようにもてる力を引き出しQOLの維持・向上、日常生活に見合った自己健康管理が実践できるように支援していきたいと思っています。